校長よりあいさつ

令和3年4月

 青森県立青森高等学校のWEBサイトにアクセスいただきありがとうございます。

 本校は、八甲田連峰を背に陸奥湾を望む青森市の東南に位置し、明治33年(1900)に開校され、今年で創立百二十一年目を迎える伝統校です。卒業生は四万人を超え、政・官・財界をはじめ各界各層で有為な人材として幅広く活躍しています。
 綱領である「自律自啓・誠実勤勉・和協責任」のもと、生徒一人一人の個性の伸長を図り、創造的な思考と主体的に行動ができる心身ともに健康な人間を育て、社会の進展に貢献する人材の育成を目指しています。
 また、校章は校歌の一節にある“無限の象徴(しるし)”を記号∞に図案化し、その中心に「高」の字が入れられており、シンプルな中にも深遠な意味が込められています。

 現在、新型コロナウイルス感染拡大防止により、教育活動おいても様々な制約はありますが、教職員が一丸となり、保護者の皆様のご理解を得ながら生徒の活躍の場の創出に努めています。具体的には、文部科学省からスーパーグローバルハイスクールの指定を受けた経験を生かし、後援会並びに同窓会からご支援をいただきながら、海外におけるフィールドワークなどを展開しております。昨年度はオンラインでの実施となりましたが、グローバル人材の育成に取り組んでいるところです。またスーパーサイエンスハイスクールの指定を受け、今年度で5年目となりますが「国際的な科学技術の分野で活躍できる人材育成」にも取り組んでいるところです。

 今後とも、確かな学力の育成とともに、探究的な学習活動の一層の充実を図り、多様性を尊重し、創造力豊かで、新しい時代を主体的に切り拓く人づくりを推進して参りますので、本校の教育活動へのご理解ご支援をお願い申し上げます。

令和3年4月1日

青森県立青森高等学校

校 長  長内 修吾